衆議院議員 手塚よしお:民主党 東京都第5区<目黒><世田谷>衆議院選挙 立候補

衆議院議員 手塚よしお
都議会1期、衆議院2期。2005年郵政総選挙で落選。真に公正な社会を実現するべく、あきらめずに立ち向かいたい-手塚よしお@充電完了
手塚の独り言手塚コラム
 

駅頭日程 メディア 応援メッセージ 内野席・外野席 秘書日記 政治姿勢 基本政策 ポスター博物館 プロフィール リンク集 アクセス

ネット献金
東京5区

民主党

手塚仁雄 46歳(衆議院議員3期)
画像
【略歴】
1966年(昭和41年)9月14日
故いソノてルヲ(音楽評論家)の次男として目黒区に生まれる。
若草幼稚園、目黒区立宮前小、世田谷区立八幡中、早大本庄高を卒業。
1990年
早稲田大学を卒業。
在学中、中国南京大学に短期留学。帰国後、政策集団「自由社会フォーラム」にて政策立案の研究。
1993年
日本新党目黒支部長に就任。6月の東京都議会議員選挙にて、23,702票のご支持を頂き、最高位・最年少当選。(26歳)
1996年
民主党の結党に参画。東京5区より衆議院選挙に初挑戦。51,418票のご支持を頂きながらも次点にて惜敗。
2000年
再び国政を目指して衆議院選挙に立候補。83,619票を賜り、小選挙区で初当選。(33歳)
2003年
衆議院選挙にて107,110票のご支持を頂き、小選挙区で2期目の当選を果たす。(37歳)
2004年
民主党東京都連幹事長に就任。
2005年
都連幹事長として、7月の東京都議会議員選挙の陣頭指揮を執り、躍進に貢献。9月の「郵政」選挙にて109,618票、自己最高得票のご支持を頂きながらも惜敗。(38歳)
2期5年の在職中には、衆議院国家基本政策委員会理事、民主党国対副委員長などを歴任。
2007年
長男が誕生。
2009年
捲土重来を期して挑んだ4年ぶりの「政権選択」選挙で、149,623票のご支持を頂き、小選挙区で3期目の当選。(41歳)
2011年
衆議院議員運営委員会理事を経て、民主党総括副幹事長、予算委員会次席理事など。
2011年9月5日
内閣総理大臣補佐官に就任。(44歳)
2012年10月
民主党広報委員長に就任。(46歳)
東京5区(目黒・世田谷)にて駅頭演説を継続中。